【結婚式ルポ】ダーズンローズ演出でプロポーズのトキメキを再現♡

2017年4月23日

新郎・Y様と新婦・M様の結婚式が行われました。


チャペルムービーからスタートしたおふたりの挙式。

おふたりの成長をムービーで流しました。幼い頃のおふたり、とても可愛いですね!


チャペルへ入場し、お母様によるベールダウン。


神聖な空間の中、挙式は進んでいきました。フラワーシャワーでは緊張も和らぎ、おふたりともステキな笑顔でした♡


披露宴は、真っ白な会場『シエロ』をピンクや赤のお花で彩りロマンティックな雰囲気に♪


いちごがたっぷりとのったウエディングケーキ、あえて小さなティースプーンを使いM様からY様へファーストバイトを行いました。


演出として、手作りのDVDの上映を。おふたりの学生時代の写真も流れ、ゲストの方々も当時を懐かしんでいるようでした。

中座のときにはサプライズで、M様はおばあ様を、Y様はお母様をご指名。

おふたりともそれぞれしっかりと手を握って歩み、その様子にゲストもスタッフもあたたかい気持ちになりました。


お色直し後の演出として、キャンドルサービスとスパイラルキャンドルを実施。

照明を落とした会場の中で、M様のドレスが華やかに映えていました♡


サプライズがもうひとつ。Y様がM様にダーズンローズのプレゼントをしたのです!

ダーズンローズとは、12本(1ダース)のバラのこと。 ヨーロッパに古くから伝わる風習で、ゲストから1本ずつ贈られるバラを12本の花束にして、新郎から新婦に手渡します。新婦は「はい」という返事の代わりに、その中の1本のバラを新郎の胸へブートニアとして挿すのです。


さらにY様は、バラ1本1本にダーズンローズの意味を書いた手作りの札を付けていらっしゃいました。

もちろん、M様はY様の胸ポケットにバラを1本挿して、サプライズプロポーズは成功しました!

実は、プロポーズ時も100本のバラとともにプロポーズされたそうです。


さらに、ゲストは知らないブライズルームでの話。M様がY様にサプライズで手紙とプレゼントを渡されていたのです。

Y様とっても嬉しそうでした!


お互いにサプライズを考えていたのですね。本当にステキなおふたりです♡

おふたりは中学生の頃からのお知り合いで付き合いが長いそうで、とても仲が良いことが打ち合わせの時からも伝わってきました。

きっとステキな家庭を築いていかれるんだろうなあと思います♡


Y様、M様

ご結婚おめでとうございます♡!



Anfelicion

東京・錦糸町にある結婚式場Anfelicion (アンフェリシオン)。 ウェディング風景はもちろん、スタッフ厳選の女性が気になる美容やダイエット、ファッション情報も定期お届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000