【結婚式ルポ】やりきった!演出もおもてなしも”かぶりもの”とともに♪

!2016年11月13日

新郎・たつゆき様、新婦・あゆみ様の結婚式が行われました。


「新郎も何か余興的なことをやりたい。笑いをとりたい、やりきった感がほしい」と、結婚式に対してとても積極的に取り組んでいたおふたり。

初回の打ち合わせでの「おふたりのことを教えてください」という質問では、30分以上かけてたくさんのこだわりと想いを話してくださいました。

たくさんのお話の後に、新郎がひとこと「自分、人見知りするんです」と。

まったくそんなそぶりのなかった新郎に思わず笑ってしまったことを今でも覚えています。



結婚式当日。挙式入場時、お父様と腕を組んだあゆみ様が一切顔をあげず、下を向いて涙をこらえる姿が印象的でした。

お父様と歩くバージンロード、想いがこみあげているのだと思っていましたが、後々お話を伺ってみると、担当プランナーが目の前に立っていてそれまでのいろいろな感情で涙があふれるのを我慢なさっていたと伺いました。

厳かで素敵な式になりました。


披露宴パーティは笑い、笑い、笑い!と笑顔溢れる時間になりました。まず、入場時にはオープニングムービーとして、新郎新婦思い出の地「浅草」「隅田川」で撮影をした仮面ライダーをからめた映像を上映。

おふたりは仮面ライダーが大好きということで、ウェルカムスペースにも仮面ライダーグッズを飾っていたんですよ♪

ゲストもまだ緊張している時間のオープニングムービーであんなに笑いが起こったのは初めて!というくらい、オープニングから大盛り上がりでした!


打ち合わせの時に一番時間をかけて考えたのは、光る花の卓上演出『ファンテリーム』、メインセレモニーのキャンドル演出『自動着火コロナスパイラル』でした。

ゲストに楽しんでもらいたい!印象に残したい!とおふたりが一生懸命考えた甲斐があり、驚きも感動もある特別な時間となりました。


そしておふたりのパーティで圧倒的な存在感を放っていたのが『新郎コレクションのかぶりもの』でした!

中座・再入場・イベント・お見送り時、すべて異なるかぶりもので登場したたつゆき様。

毎回変わるかぶりものに、ゲストはとっても楽しそうでした!

お見送りでは鯛焼きをかぶったたつゆき様がプチギフトの鯛焼きを配る、という最後の最後まで盛り上げ上手なおふたりでした。


ゲストへのおもてなしを本当に大切にしたおふたり、親御様への記念品にも余念がありませんでした。

おふたりは三連時計をプレゼントされたのですが、手作り教室参加後、「他の参加者よりも時間と想いをかけて作ったから出来上がりを早く見てほしい!」と語ってくださりました。模様が全面に刻まれた、渾身の逸品でしたね!


おふたりともシフト制のお仕事で、1ヶ月のうちにお休みが合うのは数回。

その中でもしっかりと相談を進めてくださり、宿題をやってこなかったことは一度もなく、むしろそれ以上の内容でいつもお打ち合わせに臨まれていました。

打ち合わせ中は必ずノートをとるおふたり。

メモする内容や書き方のニュアンスがほぼ同じで、似た者同士なのか、見えない何かでつながっているのかといつも見ていました。本当に素敵なカップルです♡


たつゆき様、あゆみ様

ご結婚おめでとうございます♡!

Anfelicion

東京・錦糸町にある結婚式場Anfelicion (アンフェリシオン)。 ウェディング風景はもちろん、スタッフ厳選の女性が気になる美容やダイエット、ファッション情報も定期お届けします!

0コメント

  • 1000 / 1000